給料日前の窮地を即日融資で生き延びる

社会には色々な便利なサービスがあります。
消費者金融の即日融資というサービスを皆さんはご存知でしょうか。
即日融資のお陰で私はピンチを脱する事が出来ました。
私が大学へ進学した頃の話です。
親の経営していた会社が倒産するという事態に陥り、大学を中退して実家を離れて仕事をするという事になりました。
突然、働きながら一人で生活する事になった当初は、仕事と慣れない家事に追われて本当に大変でした。
ちょうど一昨年の春です。
本当に食費に困って生きるか死ぬかのピンチを迎えたのは。

無理な生活が祟って私は胃潰瘍になってしまい、多額の治療費を捻出する事になってしまったのです。
胃潰瘍はすぐに治りましたが、困ったのは食費です。
給料日まで2週間もあるというのに財布は殆ど空で、わずかな貯金は治療費に消えてしまっていました。
はじめの内はまだお米も残っていましたが、それも尽きていき、給料日の一週間前になって、本当にお金がなくなってしまったのです。
あの、お米が底を尽きるという悲しい感覚は今でも忘れられません。
何とか、給料日までに現金を入手する方法は無いだろうか。
そう思いながら、呆然とテレビを見ていると、消費者金融のコマーシャルが流れて来ました。
そのコマーシャルこそ、まさに救いの手となりました。
私は消費者金融のキャッシングは審査に凄く時間がかかるものだと思っていました。

ところが、テレビコマーシャルによると申し込んだその日にお金を借りられるというのです。
その日は休日で時間だけはたんまりとありました。
携帯電話で消費者金融のサイトを探してみると、色々と見つかります。
私はテレビコマーシャルで見た消費者金融でキャッシングを申し込んでみる事にしました。
申込は非常に簡単で、サイトの入力フォームに順番に必要事項を入力していくだけです。
入力完了後、消費者金融の方から電話がありました。
審査は通って、お金は借りられるとの事です。

私の給料は高くありませんでしたが、ローンなどを組んだ事も無く、まじめにやってきたお陰だと思います。
念のため、即日融資は可能ですか、と電話をくれた従業員の方に聞いてみました。
すると「可能ですよ。すぐにお手続き致しますね。」
という返答をいただきました。
電話の後で本人確認書類として、運転免許証を携帯電話のカメラで撮影し、消費者金融に送信しました。
手続きはこれだけで完了しました。
今日中にお金が手に入るとわかり、生きる希望が湧いて来て本当に嬉しかったのですが、実際にお金を確認するまでは、完全に安心は出来ませんでした。
その日の14時頃、銀行に確認しに行きました。

そして口座にはちゃんとお金が振り込まれていたのです。
お金を引き出した後は、奮発してラーメン屋に行きました。
あんな美味しいラーメンを食べた事はなかったですね。
もし即日融資が受けられなかったら、私は倒れていたかもしれません。
その日の内に申し込みから融資までスムーズに完了する消費者金融の即日融資に感謝しています。

Comments are closed.