今すぐ借りたい時には即日融資

誰にでも今すぐお金が必要なシチュエーションというものはあります。
急病で入院費用が必要になったり、冠婚葬祭が立て続けにあってご祝儀や香典をいくつも準備しなければならなくなったり、それから財布を落としてしまった時などもそうです。

こういった時にとても便利なのが即日融資と言われるキャッシングです。
card4
お金がない・・・そんな時は誰にでもあるんです・・・。私は4回無一文になったことがあります(競馬やボートで)

即日融資の特徴はその名の通り、申し込んだその日にお金を借りることができるということです。
業者によって若干の違いがありますが、早い場合には1時間以内、それ以外のところでも数時間以内には融資が行われるので、少なくとも当日の午前中に申し込みを行えばその日のうちに必要なお金を手にすることができます。
そのような即日キャッシングを可能としているのがスピード審査です。

申し込み書類、あるいはコンピューターの申し込みフォームに必要事項を記入すると、場合によっては数十秒で審査が終了してしまいます。
業者によっては1秒審査という宣伝文句を使っているところもあるくらいです。
こういったスピード審査ができるのは、審査にスコア制を採用しているからです。
申し込みの際に記入する情報には、その内容ごとにあらかじめスコアが決められています。
そのスコアがある一定以上になると自動的に融資が行われるようになっています。
また、スコアが高いほど利用限度額が高く設定されます。
では、どのような場合にスコアが高くなるのでしょうか。
たとえば、年齢では30代・40代の働き盛りの人のスコアが高くなる傾向にあります。

一方で、20代そこそこの若い人や60歳を超えた高齢者ではスコアが低くなります。
これは、若い人は収入が比較的低かったり仕事が不安定だったりすることが理由であり、高齢者ではリストラや定年などで収入が突然減ってしまうリスクがあるからです。
また、職業や年収でもスコアに違いがあります。
仕事に関しては安定性が重視されるため、離職率の低い公務員などのスコアが高くなる傾向があります。
逆に離職率の高い水商売やタクシー運転手などはスコアが低くなってしまいます。
自営業も安定性の面で評価が低くなります。

年収については基本的に多いほどスコアが高くなりますが、扶養家族の有無や現在の借入状況などによって評価が下がることもあります。
このように、即日融資はすぐにお金が必要なときには非常に便利なサービスですが、申し込み者によってはその日のうちに融資が受けられないこともあります。
できるだけ早くお金を借りるためにはいくつかの条件があります。
まず、融資を受けるためには20歳以上であり、安定した固定収入があることが条件になります。
ここで重要なのが安定した収入という部分で、アルバイトでもパートでも安定した収入があれば融資を受けることができますが、日雇いなど不定期の収入の場合には審査を通過することが難しくなってしまいます。
また、借入残高が多い場合には融資を受けることが難しくなります。
キャッシングには総量規制という規定があり、借り入れが年収の3分の1までに制限されます。
ですから、総量規制に引っかかってしまうと融資が受けられません。
返済に滞納がある場合も審査に時間がかかることがあるので即日融資が受けられない可能性がありますので注意しましょう。

Comments are closed.